安心・安全のドライビング

オートモーティブ(自動車) IoT

コネクテッド カーの最大の懸案事項は、安全性と信頼性です。セキュリティの研究者たちは最近実験を行い、車のハッキングは現実的なリスクであることを証明しました。コネクティビティ(接続性)が高まったことで、コネクテッド カーのエコシステムに対する新たなリスクと攻撃のベクトルも増えています。車載の通信およびエンターテインメントシステムは、機密性の高いデータを扱う、高価値なアプリケーションをホストしています。API のライブラリが登場したことで、車両データの通信と共有が進みました。API ライブラリには、リバースエンジニアリングと攻撃者からの改ざんに対する脆弱性があり、車の乗員の安全性が損なわれる結果につながるおそれがあります。攻撃者は、Controller Area Network (CAN) のバスなど、別の車載ネットワークに移行させる機能を持つマルウェアを侵入させることがあります。Controller Area Network (CAN) のバスは、自動車の基幹システムにリンクしています。

自動車の各ディーラーが車両にアクセスするインターフェイスとして支給されているソフトウェアには、リバースエンジニアリングと攻撃者からの改ざんに対する脆弱性があります。ハッカーはこうしたツールを攻撃して、電子制御ユニット (ECU) や CAN バスに悪意のあるコードを埋め込もうとします。攻撃者は、使用された暗号鍵を盗み出し、その情報を使って、不正アプリやソフトウェアを構築することがあります。攻撃者は正規のアプリやソフトウェアから、一部の機能を書き換えた不正コピーを作成し、他の車載ネットワークへのアクセスを試みることがあります。

Arxan の製品を使って、コンテンツ、データ、アプリケーション、ソフトウェアに対するリバースエンジニアリング、改変や改ざんを防ぎ、あらゆる方法で完全性を保護してください。アプリケーション、API ライブラリ、ディーラーが車両や CAN にアクセスするためのインターフェイス ソフトウェアなどへのエクスプロイトを目的とした、悪意のあるコードの挿入を防止してください。

コンテンツやデータの信頼性を保護する

  • 機密性の高い情報やデータへのアクセスを防止する
  • アプリケーションやアプリケーション ロジックのコピーを防止する
  • 暗号鍵の露出を防止する

モバイルアプリやディーラー用ソフトウェアの改ざんや改変を防止する

  • アプリケーションの改変を防止する
  • アプリケーション、API ライブラリ、ディーラーが車両や CAN にアクセスするためのインターフェイス ソフトウェアなどへのエクスプロイトを目的とした、悪意のあるコードの挿入を防止する
  • コネクテッド カーに影響を及ぼす違法行為からの保護を実行し、運転者の安全とプライバシーを確保―自動車どうしの通信、自動車からインフラへの通信、自動車からスマートデバイスへの通信

Arxan はお客様のモバイル環境、IoT、アプリを
安全に守ります