IoTアプリと組込アプリの保護

iot-image
ソフトウェア アプリケーションの中で、モノのインターネット (IoT) アプリケーションは、現在最も急速かつ広範囲に拡大している分野です。相互接続される IoT デバイスは、2020 年までに 250 億個を超えるとも言われています。こうしたデバイスは多くの場合、エンドポイント、ゲートウェイ、全体的なインフラストラクチャの下で稼働中のサーバーに搭載されている、ソフトウェア アプリケーションとバイナリ コードなどで接続されています。中でもデバイス上のバイナリ コードは、最も脆弱なリンクとなります。このリンクにはハッカーが容易に侵入できるため、コードにエクスプロイトを仕掛けて、情報を盗み出したりコードを実行できなくしたりするなど、深刻な被害を及ぼすアクティビティが実行されることがあります。電気通信や医療機器から自動化、デジタル メディアに至るまで、コンシューマー (一般消費者) 向け電子機器や組込型ソフトウェアの業界で、ソフトウェアはあらゆる意味で大きな転機を迎えています。

組込型ソフトウェア アプリケーションにも、コードベースを改ざんする攻撃やリバース エンジニアリングなどの脆弱性があります。このタイプのアプリケーションは、信頼関係が確立されていない環境に分散して展開されているからです。

Arxan のアプリケーション保護ソリューションは、IoT や組込型ソフトウェアのキー、コード、データ、知的財産 (IP) を保護します。デジタル メディア、電気通信、医療、バイオメトリクスなど、各業界の代表的企業を含めた世界中のアプリケーション プロバイダーが Arxan の製品を採用し、各社のソフトウェア資産を保護すると同時に、新しい製品やサービスを市場に投入することで収益も確保しています。