モバイルベータアプリのテスト

モバイルアプリ開発のアプリベータテスト段階では、プレプロダクションアプリをインストールして対話し、重要なフィードバックを提供し、ユーザーエクスペリエンスの問題を特定するユーザー(テスター)が関係します。

iOSとAndroidベータアプリのテスト

流通と管理

これらのベータ版のバージョンをユーザーの端末にインストールするプロセスは、公開アプリストアの準備がまだ整っていないため、煩雑になる可能性があります。 これにより、アプリオーナーはテストを数人のユーザーに制限することができます。多くの場合、アプリを開発しているユーザーと同じで、ユーザーエクスペリエンスの点では劣る低品質のアプリにつながる可能性があります。

Apperian App Managementは、アプリ開発者がテスト用のiOS、Android、Windowsベータアプリを簡単に配布、管理し、クラッシュログ、バグレポート、ユーザーフィードバックを収集できるようにすることで、テストを容易にします。

アプリベータテストプラットフォームのメリット

  • 100〜1,000人規模のモバイルアプリのベータテストを大規模に管理する

    • このTestflightの代替手段には、iOS、Android、Windowsなどのアプリをテストできるデバイスの数や種類に制限はありません。
    • 消費者、請負業者、フランチャイズ従業員など、組織外のテスターだけでなく、従業員のクロスセクションも含めてテストコミュニティを広げてください。
    • さまざまなビルドバージョンの比較テストとユーザーからの直接のフィードバックを通じて、より良い製品の決定を行います。
    • どのユーザーがどのアプリを持っているか、どれくらいの期間どのバージョンがあるかをきちんと制御します。
  • 開発サイクルをより迅速に反復することで、アプリの迅速な「市場投入までの時間」を達成

    • サイクルタイムを圧縮して、セルフサービスモデルによるユーザー受け入れテストを実行します。
    • 開発者のビルド・ツール(IBM Worklight、Appceleratorなど)からアプリケーションの公開プロセスを効率化できます。
  • 継続的なイノベーションを通じて全体のアプリ品質を向上させる

    • ユーザーのフィードバックや提案をキャプチャするための組み込みのサポートにより、フィードバックとバグレポートを合理化します。
    • 幅広い参加とフィードバックを通じて従業員の満足度を高めます。

顧客の声

「Apperianのアプリカタログプラットフォームを使用してモバイルバンキングアプリをパイロットすることは非常に重要でした。アプリを一般公開したとき、デバイスの種類に関係なく性能が非常に優れたアプリを提供できるという自信がありました。

ケイトワトソン、全米デジタルデザイングループ責任者