アプリケーションの攻撃によりビジネスリスクが発生する

アプリケーション保護の必要性

組織のモバイルアプリに企業ネットワーク外からアクセス可能な場合、つまり、アプリが公開アプリストアで利用でる場合はいつでも攻撃が発生する可能性があります。

The Problem

モバイルアプリは、企業の知的財産(IP)、個人識別情報(PII)、バックエンドインフラやアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を含む顧客データにアクセスするためのエントリポイントとして機能するため、ターゲットとなります。

The Risk

モバイルアプリのエコシステムに対する攻撃は、エンドユーザーのデータやプライバシー侵害だけではありません。 アプリケーションへの攻撃は、ブランドダメージ、財務上の損失、知的財産の盗難、公的機関からのペナルティにつながる可能性があります。

The Damegge

ハッカーは、アプリをリバースエンジニアリングし、コードを改ざんし、機密性の高いアプリ内/バックエンドのデータ、サービス、ネットワークキーを読み取ることで弱いアプリ保護を悪用します。 この公開された情報を使用して、データを抽出したり悪意のあるコードを挿入したり、侵入したアプリを危険な状態に晒すことができます。

The Solution

包括的なアプリケーション保護により、ソースコードとバイナリコードを保護して、アプリを内部から保護します。 このレベルの保護には、コード・ハードニング、難読化、キー&データ暗号化などの幅広い機能が含まれます。 さらに、アプリケーション保護には、現在の攻撃と将来の脅威を理解するための脅威分析が含まれている必要があります。

高価値アプリケーションのためのアプリケーション保護

さまざまな脅威から保護する包括的でアプリケーションレベルのセキュリティ

アプリケーションのセキュリティ戦略を危険にさらす可能性のある5つのリスク

451リサーチによる、重要な業務トランザクションを処理し、顧客および財務データを管理し、組織の顧客としての役割を果たすためのアプリケーションに依存するビジネスのためのアドバイス。