Apperian、MDMのリーチと機能を拡張

実際、多くのお客様がすでにMDMソリューションを提供していますが、エンタープライズモビリティ管理のニーズをすべて解決するためにApperianも導入する必要があります。

既存のMDMと並行して3つの一般的な方法

  • MDMに登録できないデバイスでユーザーに安全にアクセスする

    モバイルデバイス管理では、ユーザーがデバイスに管理プロファイルをインストールする必要があります。 これは企業所有の管理対象デバイスでは有効ですが、BYODユーザーや請負業者やディーラーなどの拡張エンタープライズの従業員には問題があります。 そのような場合、ユーザーはデバイスをMDMに登録したくない、または契約によって組織がデバイスを管理できない場合があります。

    これらのBYODおよび拡張エンタープライズユーザーにアクセスするために、Apperianは、重要なモバイルアプリを必要とするユーザーの100%に達するために、既存のMDMシステムと並んで配置されます。 そうすることで、MDMはデバイスを管理し、企業が所有するデバイスにアプリケーションを配布し、ApperianはBYODおよび拡張エンタープライズユーザー用のアプリケーションを安全に配布および管理します。

  • 既存のアプリストアを通じてポリシー対応アプリを配布する

    モバイルデバイス管理は、デバイスをロックダウンし、デバイスの機能を制御し、アプリケーションのダウンロードを制限し、特定のブラウザの使用を強制し、デバイス自体にピン/パスワードの使用を強制する素晴らしい仕事をします。 モバイルセキュリティに関しては、MDMは1つのレイヤーにすぎません。 アプリケーションとデータレベルで必要なセキュリティを追加するために、企業はApperianに目を向ける。 その結果、管理されたユーザーと管理されていないユーザーの両方にとって、アプリケーションのセキュリティの重要かつ重大なレイヤーを持つアプリケーションが生まれます。

    Apperianは、DAR(Data-at-Rest)暗号化、App-Level VPN、脱獄とルート保護、データ消去、アプリの有効期限など、あらゆるモバイルアプリに個別に適用できる豊富なモバイルアプリセキュリティポリシーを提供します。 組織は、Apperianを活用してこれらの機能をモバイルアプリに注入し、機密データや規制された企業データを保護します。 ITオペレーションは、既存のMDM App Storeを介して、管理されたデバイスと管理されていないデバイスの両方を持つユーザーに、これらのセキュアなアプリケーションを展開できます。

  • 複数のMDMプラットフォームにアプリケーションを安全に導入する

    多くの組織では、異なるワークグループをサポートする複数のMDMベンダーが存在します。例えば、異なるシステム部門によって管理されているデバイスと異なる公共部門機関のユーザーにアクセスする必要がある、異なる企業部門または組織を管理する異なる製品。複数のMDMソリューションを使用して複数の組織にモバイルアプリケーションを展開する場合、Apperianの管理者コンソールはアプリの記録システムとして機能します。これにより、管理者はアプリケーションを搭載し、管理ポリシーと使用ポリシーで保護し、さまざまな組織のすべてのデバイスに配布することができます。

    Apperianは、複数のMDMにまたがるすべてのユーザーに対して、一貫性のある、組織全体にわたる、ブランド化されたユーザーエクスペリエンスを提供します。ユーザーは、自社のデバイスにインストールされているMDMソリューションに関係なく、ブランドのエンタープライズアプリケーションストアを介して、モバイルアプリにアクセスすることができます。 App Storeは、Apple App StoreとGoogle Playの直感的な外観を備えた消費者向けの経験を持ち、ユーザーがより生産性の高いアプリケーションを見つけてダウンロードすることを容易にします。 Apperianのソリューションは、IBM、Citrix、Microsoft、MobileIron、Airwatchなどの主要なモバイルデバイス管理ソリューションすべてで動作します。

MDMにスタンドアロンMAMが必要な理由

このケーススタディでは、企業がエンタープライズモビリティのニーズをすべて解決するために既存のMDMと並行してApperianを使用する3つの共通の使用事例について概説します。