Arxan幹部

ジョー・サンデル (Joe Sander)

サンデルは 2015 年 8 月からArxanの CEO (最高経営責任者) を務めています。それ以前は、いくつもの企業に関与し、その可能性を存分に発揮するまで育て上げた実績があります。ハイテク分野の大企業やセキュリティ企業の営業部門に在籍した時期には、他社との戦略的提携や流通業者とのパートナーシップの構築など、所属企業の顧客と市場を大きく拡大させました。また、特に Software as a Service (SaaS) の販売モデルについて知識が豊富というところから、数々の企業で上級管理職を歴任し、さまざまな立場で企業経営を経験しました。現職に就く直前、サンデルは医療・介護分野のソフトウェアアプリケーションを手掛ける企業、Harmony Information Systems (現 Mediware) の社長兼 CEO を務めていました。同社で戦略ロードマップを策定し、前年比 309%増の大幅な収益拡大を達成しました。Harmony Information Systems に勤務する前は、オランダに本拠地を置くセキュリティソフトウェア企業、Consul Risk Management (現 IBM) の社長兼 CEO でした。サンデルの指揮の下、同社は「セキュリティ情報管理」という新しい分野を確立し、調査会社 Forrester は同社をこの分野のリーダーとして評価しました。また、オランダの有力雑誌から「オランダで最も革新的な企業」として表彰されたこともあります。サンデルは Appalachian State University (米国ノースカロライナ州アパラチア州立大学) を卒業後、北米、ヨーロッパ、南米、アジアの各地域で勤務し、成功を収めました。

ウォーレン・バラット (Warren Barratt)

ウォーレン・バラットは 2014 年 6 月からArxanの CFO (最高財務責任者) を務めています。バラットは企業の財務部門で 30 年以上の勤務経験を持ち、前職で財務部門の責任者を務めたこともあります。大手会計事務所の Price Waterhouse で最初に職を得て以来、バラットはハイテク、生命科学、医療、プロフェッショナル サービスなど幅広い分野の企業で CFO を務めました。現職に就く直前、バラットは電気通信事業のエンタープライズ/データセンターやロング ホール/メトロネットワーク分野で広帯域の高速光ファイバーネットワークを実現する、光学チップとその関連製品の有力メーカー、CyOptics (現 Avago Technologies) で CFO を務めていました。また CyOptics は、防衛、アビオニクス機器 (航空機に搭載される電子機器)、高性能コンピューティング (HPC)、医療、セキュリティなど、幅広い分野のエンド マーケット アプリケーションも手掛けていました。財務の中でも特に、個人および機関投資家からの資金調達、企業の合併や買収による移行手続き、企業基盤の構築や最適化などの分野の経験が豊富です。バラットは University of Virginia (バージニア州立バージニア大学) 経済学部を卒業後、 ペンシルベニア州の Wharton School of Business で MBA (経営学修士) の学位を取得しています。

マンディープ・ケラ (Mandeep Khera)

マンディープ・ケラはマーケティング部門の代表と、世界各地のArxan拠点を統括する責任者を兼任しています。マンディープはこれまでに、ソフトウェア、SaaS、マネージド サービスなどのマーケティングを 20 年以上経験しました。その間関与したアプリケーションは、セキュリティ、IoT、ビッグデータなどのエンタープライズ (大企業向け) アプリケーションです。前職でマンディープは、商業ビルディングの無線通信による制御システムを手掛ける企業、Daintree Networks のマーケティングおよびチャネルセールス担当のバイスプレジデント、ビッグデータ アナリティクス企業やモバイルアプリ開発用プラットフォームのメーカーの CMO (最高マーケティング責任者)、SIEM (Security Information and Event Management:セキュリティ情報イベント管理) 分野の有力企業、LogLogic の CMO 兼エグゼクティブバイスプレジデントを歴任しました。さらに、Web アプリケーションによるセキュリティの有力企業、Cenzic の CMO を務め、Verisign や HP などのソフトウェア企業でも経営陣に加わった経験があります。ケラは Harvard Business School (ハーバード大学経営大学院) の新製品開発プログラムと、Northwestern University (イリノイ州のノースウェスタン大学) の企業幹部育成プログラムを修了しました。また、Santa Clara University (カリフォルニア州のサンタクララ大学) で MBA (経営学修士) の学位を取得しています。

ジェームス・ラブ (James Love)

ラブは、データセンターのセキュリティを手掛ける企業 Imperva で、北米地域営業部門のバイスプレジデントを経験したのち、現職に就きました。Imperva 時代には売り上げの 150 %増に貢献したこともあります。ラブは前職で、PTC、Red Hat、IBM などの上級管理職を経験しています。営業に関しては、米国内と国外を合わせて 20 年以上実績を積んできました。ラブは、University of North Texas (テキサス州のノーステキサス大学) で BBA (経営学学士)を、さらに Texas A&M University System (テキサス州立テキサス A&M 大学システム) で金融専攻 MBA の学位を優等で取得し、Harvard Business Leadership Program の大学卒業者向けカリキュラムを修了しています。余暇には、娘のバスケットボール チームにコーチとして参加しています。

サム・レーマン (Sam Rehman)

レーマンは 2015 年 5 月に Arxan に入社し、技術部門を構築してイノベーションを推進するという使命を担っています。レーマンは、製造業向けのアウトソーシング会社やプロフェッショナルサービス企業で通算 25 年以上勤務してきた、実績十分の、技術エバンジェリスト兼技術部門リーダーです。同時に、他の新興企業やオープンソースコミュニティでも積極的な活動を展開しています。現職に就く前、レーマンは、全世界で 1 万人以上のエンジニアを抱える、製造業向けのエンジニアリング サービス プロバイダー、EPAM Systems (NYSE:EPAM) の CTO (最高技術責任者) を務めていました。そこでは、同社の中核となるエンジニアのレベルの向上に集中するため、社内組織の変革に取り組みました。続いてレーマンは、Oracle Corporation でも 10 年近く勤務しました。このときは最終的に開発部門のエンジニアリング担当バイスプレジデントのポジションに就き、革新的で利益の見込める製品をいくつも実現させました。例えば Oracle で初のインメモリ データベースを実現したこと、もっと最近の例では、センサー/IoT ベースのプラットフォームの構築などがあります。 Arxanのソリューションは、Fortune 500 に選ばれる著名企業で、5 億個を超えるデバイス上に展開されています

Our solutions have been deployed on over 500 million devices by leading Fortune 500 organizations

Schedule Demo Request A Meeting