Arxan役員

Arxan の役員会は責任を持って、Arxan の定款に従い、Arxanの業務遂行の管理と監視に当たります。管理と監視の対象には、Arxan資産 (資金、知的財産、不動産、商標、支援設備) およびArxan資源の各プロジェクトへの割り当てが含まれます。現在のArxan役員を以下に紹介します。

トム・ハイザー (Tom Heiser)

ハイザーは現在 TA Associates の顧問で、最近まで EMC のエグゼクティブ バイスプレジデントとして、「クラウド戦略および展開」部門を統括していました。この部門は 2013 年には 232億ドルの売り上げを計上しています。そのためハイザーは、EMC の他の幹部の協力を得て、急成長を遂げている Infrastructure as a Service (IaaS) と Software as a Service (SaaS) の市場の情勢を評価しました。ハイザーは以前、現在は EMC のセキュリティ部門となっている、RSA 社の社長を務めていました。したがってその当時は、RSA の事業経営、全世界のセールス、チャネル戦略、製品開発、マーケティング、戦略的事業、財務上の施策、IT、技術サポートなどすべての部門を監督していました。EMC での在職期間が 30 年を超えたハイザーは同社幹部として、事業の発展、他社の吸収合併、新興市場での EMC の競争力の維持など、多岐にわたる重要な責務にリーダーシップを発揮しています。ハイザーは、University of Massachusetts at Amherst (マサチューセッツ大学アムハースト校) で、会計処理情報システムで学士の学位を取得しています。

トム・メンドーサ (Tom Mendoza)

メンドーサは 1994 年に NetApp に入社し、営業部門の責任者を経て、2000 年には同社の社長となりました。その後 2009 年、メンドーサは同社の副会長に就任しました。メンドーサは、企業文化と世界各地のリーダーシップについて、さまざまな性質の団体で講演を行っています。米海軍、米陸軍士官学校、CIO (最高情報責任者) フォーラム、Oracle のリーダーが集まるコミュニティ、スタンフォード大学などでの実績があります。2009 年、メンドーサと、NetApp の会長ダン・ウォーメンホーベン (Dan Warmenhoven) は、 証券会社の Morgan Stanley が表彰する「Leadership Award for Global Commerce」 (世界的な商業活動におけるリーダーシップ賞) の共同受賞者となりました。メンドーサは University of Notre Dame (インディアナ州のノートルダム大学) を卒業し、その後 Stanford University (カリフォルニア州のスタンフォード大学) の Executive Business Program (大学院の経営学コース) も修了しています。2000 年 9 月、University of Notre Dame はメンドーサ夫妻からの寄付を受けて、同大学のビジネススクールを「Mendoza College of Business」と改名しました。

エリザベス・ド・サンエニアン (Elizabeth de Saint-Aignan)

ド・サンエニアンは、ハイテク企業への投資を中心に活動している、TA Associates のプリンシパルです。Arxan Technologies だけでなく、Answers や Kinetic Social の役員会にも加わっています。TA Associates に入社したのは 2010 年で、それ以前は Nautic Partners のバイスプレジデントでした。現在は Bain & Company のコンサルタントと Summit Partners のアソシエイトも兼任しています。Brown University (ロードアイランド州のブラウン大学) で経済学と国際関係を専攻して卒業した後、Harvard Business School で MBA の学位を優等で取得しました。

ジョー・サンデル (Joe Sander)

ジョー・サンデルは 2015 年 8 月からArxanの CEO (最高経営責任者) を務めています。それ以前は、いくつもの企業に関与し、その可能性を存分に発揮するまで育て上げた実績があります。ハイテク分野の大企業やセキュリティ企業の営業部門に在籍した時期には、他社との戦略的提携や流通業者とのパートナーシップの構築など、所属企業の顧客と市場を大きく拡大させました。また、特に Software as a Service (SaaS) の販売モデルについて知識が豊富というところから、数々の企業で上級管理職を歴任し、さまざまな立場で企業経営を経験しました。現職に就く直前、サンデルは医療・介護分野のソフトウェアアプリケーションを手掛ける企業、Harmony Information Systems (現 Mediware) の社長兼 CEO を務めていました。同社で戦略ロードマップを策定し、前年比 309%増の大幅な収益拡大を達成しました。Harmony Information Systems に勤務する前は、オランダに本拠地を置くセキュリティソフトウェア企業、Consul Risk Management (現 IBM) の社長兼 CEO でした。サンデルの指揮の下、同社は「セキュリティ情報管理」という新しい分野を確立し、調査会社 Forrester は同社をこの分野のリーダーとして評価しました。また、オランダの有力雑誌から「オランダで最も革新的な企業」として表彰されたこともあります。サンデルは Appalachian State University (米国ノースカロライナ州アパラチア州立大学) を卒業後、北米、ヨーロッパ、南米、アジアの各地域で勤務し、成功を収めました。

ケネス・T・スキチアノ (Kenneth T. Schiciano)

スキチアノは、TA Associates の北米担当技術グループで、代表取締役兼共同責任者を務めています。スキチアノは Arxan Technologies だけでなく、CoSentry、Fractal Analytics、ION Investment Group、RGM Advisors でも役員会に加わり、BATS Global Markets の Board Observer (社外取締役) も務めています。かつては CyOptics、Datek Online Holdings、FTP Software、NetScout Systems、MetroPCS Communications、The Island ECN の各社で Board of Directors に加わっていました。TA Associates に入社したのは 1988 年で、それ以前は AT&T の Bell Laboratories の技術者、スイッチング システム部門のシステムエンジニアとして勤務していました。スキチアノは Duke University (デューク大学) で電子工学とコンピューターサイエンスを専攻し主席で卒業、Stanford University (スタンフォード大学) で電子工学の修士号を、そして Massachusetts Institute of Technology Sloan School of Management (マサチューセッツ工科大学スローン経営学大学院) で経営学の修士号を取得しました。また、ボストンバレエ団の管財人と、Duke University の Pratt School of Engineering (工学部) では Board of Visitors の委員も務めています。